同期モータ運転4

サーボモータの同期運転プログラムと実験システムが完成しました
サーボモータは三菱電機のJ2Sの200W
直動システムは中古購入したボールネジ(リード20mm)の物にモータを取り付け、
dsPICからモータへ指令を出すシステム
位置検出はワイヤーエンコーダ(これまた何処かで手に入れたジャンク中古)のA相B相を
dsPICで取込、停止時の加速指令や減速指令等等、出力プログラムしています
操作タッチパネルはF930で、マイコン接続で制御
(一番面倒だったのは、このマイコン接続のプログラムかも、、、)



指令パルスからモータ制御をするのは、ステッピングモータ程度しか行った事がなかったので、
いい勉強になったな~
[PR]

  by komoremi | 2010-12-10 01:11 | 電子交錯

<< バッテリの電圧チェッカーだよ 同期モータ運転3 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE