PICでUSBだも6(USBメモリ書込速度実験2編)

USBメモリにデータを書き込む命令

     FSfwrite(myData,1,510,myFile);

の前後にLEDを点灯、消灯させて
命令の実行時間を測定した(LEDデバック万歳である)
510byteデータを書き込む処理時間は、10.2msecなり
この測定結果を元にUSBメモリに書き込む限界速度byte/secは
1000÷10.2*510 = 50Kbyte/sec

但し、上記処理は33KHzでタイマー割込みとAD変換割り込みを行っている状態
割込処理へ飛んだり戻ったりする処理が33KHzで発生している状態での測定結果

こういった処理がUSBメモリへの書込み処理を遅らせている可能性もあると認識している

アスキーコードではなくバイナリで書き込めば間に合うのか?と思ったが
上記測定結果から考えると、16bitバイナリデータだと 25KHz/secでのアナログデータの取込が
限界になる計算になる

これは明日にでも実験してみよう

a0147557_15224878.gif

[PR]

  by komoremi | 2009-12-06 15:25 | PIC-USBホスト

<< PICでUSBだも7(USBメ... PICでUSBだも5(USBメ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE