ロータリーエンコーダの信号変換

CPLDを利用して、ロータリーエンコーダの信号変換器を作った
つかったCPLDはザイリンクスのXC9572(たまたま手元在庫あり)

ロータリーエンコーダーのA相とB相を検出して2逓倍or4逓倍(選択可)の
CCWとCWを出力する機能
また、出力パルス幅は5usec or 15usecを選択可
出力信号はオープンコレクタ(2SC1815) 入力電源は9~24V(7805)で組み込んだ

16MHz水晶と74HCU04でクロック源をつくり同期信号をCPLDに取り込む
そのクロックで同期して出力するようにVHDLで回路をつくった

完成後、動作確認しているときにACサーボノイズで誤動作(信号無でONと認識してしまう)した為、
入力用レベル変換(電源電圧→5V)トランジスタのベース抵抗前に1000pFのコンデンサを挿入
その後誤動作は確認されず
オシロで信号波形見た所、ノイズ除去を確認

とりあえずロータリエンコーダ信号変換器の完成
心配なのは24V電源の場合7805が熱くなる点、ヒートシンクで熱対策?しているのでOKとしよう

a0147557_1393171.jpg

[PR]

  by komoremi | 2009-12-10 01:40 | 電子交錯

<< PICでUSBだも9(USB-... PICでUSBだも8(USBメ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE