<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

バッテリの電圧チェッカーだよ

秋月で鉛蓄電池を購入した
以前作製した同期モータ制御で、環境によってエンコーダ信号にノイズが乗って
誤動作する場合がある為、完全に絶縁された別電源を用意して
ノイズの在り処を調べるのである
12Vを24Vに昇圧する回路はNJM2360で作成済み
(スイッチングノイズは多少あるけれど、この際よしとする)

数年前に購入した、鉛蓄電池が過放電の為使用不能になるというお粗末な結果を残した反省から
過放電で使用不能になるのを防ぐ為に、作製したのが
バッテリ電圧チェッカー

常時写真のように接続しておく
電圧が11V以下になったら、LEDが8秒間に二回連続で点滅する(点灯時間は100msec)
電圧が11Vを超える場合、LEDは8秒間に一回点滅する

電圧計測は8秒毎に行っている
ルーチンとしては、PIC12F683の内蔵クロック1Mhzで駆動
測定後、LEDを点滅させ(電圧データを一日一回内蔵EEPROMへ保存)
その後、スリープモードへ移行(外部32Khz発振でタイマー1はスリープ中も駆動)
タイマー1で8秒経過を測定した後、ウェイクアップ動作によりスリープ解除
このルーチンの繰り返し

消費電流はスリープ中が18uA、計測中はLED点滅等で7mA程度
鉛蓄電池の自己放電より多くなるのかな?
まあ、これも忘れ防止機能としてよしとする

a0147557_050092.jpg

[PR]

  by komoremi | 2010-12-31 00:50 | 電子交錯

同期モータ運転4

サーボモータの同期運転プログラムと実験システムが完成しました
サーボモータは三菱電機のJ2Sの200W
直動システムは中古購入したボールネジ(リード20mm)の物にモータを取り付け、
dsPICからモータへ指令を出すシステム
位置検出はワイヤーエンコーダ(これまた何処かで手に入れたジャンク中古)のA相B相を
dsPICで取込、停止時の加速指令や減速指令等等、出力プログラムしています
操作タッチパネルはF930で、マイコン接続で制御
(一番面倒だったのは、このマイコン接続のプログラムかも、、、)



指令パルスからモータ制御をするのは、ステッピングモータ程度しか行った事がなかったので、
いい勉強になったな~
[PR]

  by komoremi | 2010-12-10 01:11 | 電子交錯

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE