サーバーがエラー吐くの巻

会社内で使っている外部向サーバが、ドイツに行く三日ほど前から
HDDエラーを吐いている
ログメッセージを見ると、毎秒エラーログが出ておりクラッシュ寸前状態
なんとか、httpやFTPは動いているが、何時停止するか分からない状態

怖い、、sshログオンに時間がかかる(20秒位)
rebootなんてもってのほか、アカウント追加でフリーズしそうな位

で、UltraATA3.5inchのHDDを探していたのですが、、、、、高いよ、、、、
15000円近くするのばかりだ

で、色々と悩んだ結果Express5800/GT110b 買ってしまいました
16,800円の3000円引きで13800円、、、
どうしよ、予算計上していない、、、、、あはは
最悪、自腹ですよ

しっかし、安いなこれ、、、、
ディストリ何にしよかなぁ、運用前は色々試せるので楽しみです♪

a0147557_19411598.jpg

[PR]

  # by komoremi | 2010-09-28 19:41 | PC関連

ドイツいってきた

某大学の研修に便乗して、ドイツにいってまいりました
行きの飛行機12時間 帰りの飛行機11時間
偏西風の影響で行きと帰りに一時間の違いがある

行きの時差は夜が長く続く感覚で、時差ボケは比較的楽
ところが、そのツケが帰りにあり フランクフルト空港を昼にでて11時間飛行機に乗ったにも
関わらず、ついたのが朝、、、、、あれ?もう夜中のはずで眠たい、、、と身体が申しており、
飛行機で一睡もしていないアホなオイラは、時差ボケでダルダル

自宅へ帰る電車の中では2時間余りの帰途時間はもちろん爆睡状態、、、、
日本は治安のいい国?でヨカッタヨカッタ

a0147557_219283.jpg

ベルリン-テーゲル空港で日本人の小ささを認識


a0147557_2214944.jpg

こんな所に老後は住みたい

a0147557_21462528.jpg

教会でけえな!おい!

a0147557_21435957.jpg

ヨーロピアンテイスト 直線美?


原発等のエネルギー問題に関する認識が日本人と全然違う也
中国やインドが発展するなか、これから日本はエネルギー問題に悩まされる事だろうと
痛感した研修でありました
旅の費用を工面してくれた方、一緒に旅して頂いた方、講義をしていただいた方に感謝 ありがとう

追伸
二枚目の草原の写真、我ながら良く撮れた写真也
写真を見ていると、↓の歌が、、、

[PR]

  # by komoremi | 2010-09-24 22:14 | 私事

久しぶりにブログ覗いたら!

久しぶりにブログ覗いたら、アクセス数がやたら増えている!!
なぜに??

と思い色々検索したら、いしかわ氏の日記すzのAVR研究に本ブログがリンクされていた!

Blutoothの技術資料で唯一のより所がInterface誌の2007年2月号だった
日記には「自分がやれなかった」と書かれているがワタシからしてみれば逆であり、
あの記事がなければBluetoothに手を染めようなどと思いもしなかった

現在、PICでUSBホスト(Bluetooth編)は特殊?HIDデバイスと接続し無線でRCサーボを
駆動する所までは完了しています
近日中に動画で特殊?HIDデバイスと駆動システムを公開する予定です
a0147557_23591698.jpg

[PR]

  # by komoremi | 2010-05-16 23:59 | 電子交錯

PICでUSBだも36(HID!?なんとか受信)

PIC24FJ64GB002を使ったUSB-Bluetooth-HOSTの実験追記

HIDのデータが受信出来るようになった
コイツをつかってLEDの点灯やRCサーボを動かそうと思い基板を作成

拡張コネクタで接続出来るようにした
HIDの二つのボタンでLEDの点灯を確認
次はRCサーボの動作確認です

a0147557_5525087.jpg

[PR]

  # by komoremi | 2010-03-25 05:53 | PIC-USBホスト

PICで USBだも (番外編)

PIC24FJ64GB002をUSB-Bluetoothドングル同士自前RFCOMMで接続する実験を
一週間かけてやってきた
たまに、接続不良になる!!
それに悩まされ、プログラムソースをUSBの部分から見直していた
結果、さっぱり原因が分からん・・・

だからオシロで各通信線を一本づつ確認する作業をした
ところが、オシロで確認している時には全く不具合が現れない

結論:
232Cのコネクタ部ケーブル接触不良
8年位前に買ったケーブル・・・うらめし

教訓:
不具合原因が分からない場合、それが無駄な検証だとしてもやってみれば
違うことが見つかるかもしれない

ケーブルを変えた所、通信不具合は現時点で発生しなくなりました

* ChipOneでPIC24FJ64GB002デバイスが激安(1個479円)になってる!!
  ヲイヲイなぜだ?
  まとめ買いする誘惑が・・・
[PR]

  # by komoremi | 2010-03-20 15:14 | 電子交錯

Microchipの新しいデバイス

Microchipから新しいデバイスが出たようです
USB-UARTコンバータ
http://ww1.microchip.com/downloads/en/DeviceDoc/22228A.pdf

CDCがお手軽に実装出来るようになるみたいです
[PR]

  # by komoremi | 2010-03-17 03:12 | PIC-USBデバイス

PICで USBだも35(New基板完成)

PIC24FJ64GB002を利用したUSBホスト基板が完成
合計で4枚になりました

Bluetoothドングルがないですけれど

a0147557_15306.jpg

[PR]

  # by komoremi | 2010-03-16 01:05 | PIC-USBホスト

PICで USBだも34(New基板追加作成)

New基板を追加作成中
新たに三枚作成予定
これでUSBホスト機能をもった基板が4枚になる

Bluetoothの実験用に作成していますが、
Bluetoothドングルが二つしかない、、、、
近くのPCショップに行きましたが、PLANEXのBluetoothドングル無くなってる!
64GB002と違って、こっちは人気があるみたいですよ

a0147557_10505462.jpg

[PR]

  # by komoremi | 2010-03-11 10:51 | PIC-USBホスト

PICで USBだも33(HID始動)

PICでUSBホストの新しい実験
今日からBluetoothでHIDの実験を行いたいと思います
HID自体をUSBで実装してないくせに、いきなり無線化です
と思い立って、PIC24FJ64GB002を新たに購入しようとしましたが、
以前購入したChipOneで見積状態になっている!!!
(数日前には価格も倍に跳ね上がっていたし)
コイツは困った

RSにもこのデバイスは取り扱ってない模様
MicrochipDirectで購入するしかないのかな?

DIPタイプのワンチップマイコンでUSBホストが手軽に実装できるデバイスは他に無いけれど、
なぜかあまり使われていない、、、
マイナーなデバイスなのかな
それともUSBホストとしての需要はあまりないのかな
PC用デバイスがこれほど世に溢れているというのに勿体無いと思うのは貧乏性だからかな

HIDのプロトコルをプログラミングするにあたって、
Bluetoothの仕様書を読んだところ、L2CAPの上にデバイスクラスの処理を
追加すればよいとわかった
L2CAPレイヤーは既にRFCOMMで接続済みなので、ここの部分には以前ほど悩まなくてもよさそう

HIDデバイスが実装できれば、マウスとかも無線化できるし
オリジナルなヒューマンインターフェースも考えれば作れるかもしれない、、、、(妄想)
[PR]

  # by komoremi | 2010-03-10 00:33 | PIC-USBホスト

PICで USBだも32(通信到達距離)

PICでUSBホスト(Bluetooth:RFCOMM)実験の追記

LED点滅プログラムを今までタイマー割込みでON/OFFしていました
(PIC暴走、フリーズ時確認用)
今日は、通信距離を測定する為にMSCコマンドが5回到達したらLED点灯を反転させる様に
プログラムを変更して、実験しました

ホストBluetoothドングルは旧基板
ホスト設置場所は、コンクリート建屋の二階で、窓は閉めている状態
エネループで駆動させたNew基板を外へもっていき、通信確認用LEDの点滅具合を観測
建屋内、1階、2階の中では全て正常通信状態

建屋から20m位までの距離までは、安定した通信
建屋から20m~40m位までは、歩いている状態でたまに点滅が不安定
立ち止まると安定
建屋から50m~80m位までは、不安定
但し、基板の向きを変えたりすると安定通信に変わる

ようは、アンテナの向きにより安定動作したりしなかったりする

80m位と書いてありますが、歩数で計算している為かなりアバウト
完全に通信が途絶える距離は測定していません(近日中に確認予定)

a0147557_324446.jpg

[PR]

  # by komoremi | 2010-03-09 03:26 | PIC-USBホスト

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE